ニートの研究

ニートについてまとめています。

メニュー| ニートとは | ニートの経緯と現状 | ニートの定義 | ニートについての公人の発言 | ニートの調査 | ニートの類型 |

ニートについての公人の発言

ニートについての公人の発言

※肩書はいずれも発言時。

「経済が低迷し、若者を社会に送り出せなかった時期がある」(谷垣禎一財務相)2006.4.26

「その気になれば、いくらでも仕事はあるはずなのに働こうとしない」(小泉純一郎総理)

「一度自衛隊にでも入って、サマワみたいなところに行ってみてはどうか」(武部勤自民党幹事長)

「ニートなんて格好いいように聞こえるけど、みっともない。無気力・無能力な人間のことです。」「今、ニートなんて、ふざけたやつがほとんどだよ」「フリーターとかニートとか、何か気のきいた外国語使っているけどね、私にいわせりゃ穀つぶしだ、こんなものは。」(石原慎太郎東京都知事)

「ニートとは就職活動もしない、また就職してから生かせる勉強もしないという無気力、無関心状態に陥ってしまった若者のことの総称で、生きる気力もないのに親が毎日御飯を出している。そういうことを社会問題にして認め出している風潮自体が、ニートを増長させている。」(池田佳隆 日本青年会議所会頭)2006.6.7

「若者に農業に就かせる「徴農」を実施すれば、ニート問題は解決する」(稲田朋美衆議院議員)2006.8.29

wikipedia article history license GDFL

[PR]ニトリ 家具チケット 大黒や