ニートの研究

ニートについてまとめています。

メニュー| ニートとは | ニートの経緯と現状 | ニートの定義 | ニートについての公人の発言 | ニートの調査 | ニートの類型 |

ニートの調査

ニートの人口を算出する調査としては、以下のものが使用されている。

労働力調査

労働力調査とは、毎月1回、およそ4万世帯を対象とした調査で、ニートは基礎調査票の5項「月末1週間(ただし12月は20〜26日)に仕事をしたかどうかの別」という設問の「仕事を少しもしなかった人のうち」「その他」に該当する人で、かつ15〜34歳までの人となり、2006年の各月の平均は約62万人と推計されている。

就業構造基本調査

就業構造基本調査とは、5年に1回、およそ44万世帯を対象(2002年)とする標本調査で、過去1年間の国民の就業状態を調査する目的で行われる。内閣府の平成17年青少年の就労に関する研究調査では、この就業構造基本調査を特別集計し、ニートの規模を推計している。

[PR]レッドバロンボールペン字