ニートの研究

ニートについてまとめています。

メニュー| ニートとは | ニートの経緯と現状 | ニートの定義 | ニートについての公人の発言 | ニートの調査 | ニートの類型 |

ニートとは

ニートとは

ニートとは英国政府が労働政策上の人口の分類として定義した言葉で「Not in Education, Employment or Training」の略語であり、日本語訳は「教育を受けず、労働をおこなわず、職業訓練もしていない人」となる(ただしこの訳は日本におけるニートの意味とは多少異なる)。なお、以下では特に断り書きがない限り日本におけるニートの解説である。

ニートの語源

1999年にイギリスの内閣府社会的排除防止局(Social Exclusion Unit)が作成した調査報告書BRIDGING THE GAP: NEW OPPORTUNITIES FOR 16-18 YEAR OLDS NOT IN EDUCATION, EMPLOYMENT OR TRAININGに由来する言葉であり、ブレア政権で用いられた政策スローガンの一つ。そのため英国におけるニートの定義は、当該報告書に準じた「16〜18歳の教育機関に所属せず、雇用されておらず、職業訓練に参加していない者」とされている。但し、ニートという語は英国を始めとする諸外国では殆ど使用されておらず、類似した分類も普及していない。むしろ近年、欧米では「ニート」について「日本における若年無業者問題を指す語」として認知されつつある

wikipedia article history license GDFL

[PR]ドクター関塾ログロール自動車教習所ベビーザラス ベビザラストクーIKEYA船橋の家具